引越し後の手続きその2|程よく都会で働きやすいシティライフをご紹介

HOME   >   引越し後の手続きその2

引越し後の手続きその2

原付免許の登録を変更する

原付の登録変更の仕方は、一旦廃車にし、新しく登録するという形になります。標識交付証明書と印鑑、ナンバープレート、身分証明書を準備して、廃車申告書を先に提出。その後、同じ役所内で新規登録の手続きを行います。

ペットの登録

犬や猫を飼っている場合、新たに登録することになります。旧鑑札と予防注射済票、印鑑を役所へもって行きましょう。申請先が管轄の保健所になる場合もありますから、事前に確認をしておくことをオススメします。

更新料を知っておこう

書類持つ女性関東以外から神奈川へ転居してくる人が該当しますが、神奈川や東京等、関東圏では賃貸の場合、部屋に更新料というものがかかります。

契約は基本2年間で、契約が終わっても継続して住む場合、更新料として家賃のおよそ1ヶ月分の金額を支払うことになります。2年ごとに支払うことになります。

この更新料は関西等ではあまり知られていないため、関西から関東へ引っ越した際に何のお金?と思われる人も多いかと思われますが、関東方面では昔からずっとあるもので、特別不思議なことではありません。

更新料は不動産屋さんの定期的な収入として計算されたもので、手続きを大家さんに代わってすることで半分を代行料としているところが多いようです。

また、更新料の値下げは難しいことも知っておきましょう。一般的な更新料は家賃の1か月分となっていますが、1.5ヶ月分のところや2ヶ月分のところもあります。大家さん等に聞いて、よく確認しておきましょう。