引越し当日の心得|程よく都会で働きやすいシティライフをご紹介

HOME   >   引越し当日の心得

引越し当日の心得

忙しい1日なので余裕を持って!

早起き女性引越し当日はどうしてもバタバタします。余裕を持って作業が行えるように、早起きすることをオススメします。

まず、当日まで使用していたものを梱包することから始めます。照明機器やカーテン等も忘れず梱包しましょう。

ただ、トイレや洗面タオル、ペーパー、掃除道具は直前まで使用することがあるため、そのままにしておいたほうが良いでしょう。そのため、最後の1箱、ダンボールを残しておくことがベストです。

更に引越し会社が到着したら、注意点、段取りを軽く確認します。資料を見せつつ、食い違いがないかどうか確認します。別梱包やガラス物等、気をつけて運んで欲しいものは現物を見せつつ説明します。当日現金清算の場合は作業前に支払いをするケースもありますから、その点も確認しておきましょう。

指示を出しつつ作業開始

打ち合わせが終了したら、作業化開始です。邪魔にならないよう、ウロウロせずに聞かれたことにはスムーズに答えられるように落ち着いていましょう。新居に1番初めに入れて欲しいものがある等、要望がある場合は初めに指示を出します。

全ての作業が終われば積み忘れの荷物がないかどうかチェックして回ります。軽く掃除をすることも忘れずに。賃貸の場合、不動産会社が立会いで壁の傷等をチェックする場合もあります。問題なければ鍵を返して終了です。

また、神奈川県内での引越しではなく、県外から神奈川県へ転居してくる場合、引越し業者よりも先に到着するようにします。車の場合はあまり関係ありませんが、電車で新居へ到着する場合は、神奈川は私鉄が入り組んでいますので、混乱しないために時間に余裕を持って行動したほうがよいでしょう。出来るなら、引越し前に乗り換え等の下見をしておくことをオススメします。